HTML_Emoji の更新履歴

Version 0.8.3 (2011/01/29)

  • 変換の際に末尾の & が消えてしまうことがあるバグを修正
  • DocomoDefaultColorHtml フィルタと DocomoDefaultColorXhtml フィルタを追加

Version 0.8.2 (2010/12/05)

  • au の UTF-8 → メール用 Shift_JIS コードへの変換に対応
    (この機能は HTML_Emoji::getInstance('aumail') とすることで有効になります)

Version 0.8.1 (2010/08/17)

  • SoftBank の Shift_JIS → UTF-8 への変換を機種依存文字に対応

Version 0.8 (2010/06/07)

  • iPhone, iPod touch, iPad の絵文字の入出力に対応
  • 数値文字参照での絵文字の入出力に対応
  • convertEncoding() メソッドを ISO-2022-JP → UTF-8 の変換に対応
  • 絵文字の各種変換を行う filter() メソッドを追加
  • テキストに絵文字が含まれているかチェックする hasEmoji() メソッドを追加
  • テキスト内の絵文字を削除する removeEmoji() メソッドを追加
  • 出力の HTML エスケープを無効にする disableEscaping() メソッドを追加
  • 他キャリアの絵文字を変換するルールを指定する setConversionRule() メソッドを追加
  • 「ここギコ!」さんが作成した絵文字変換ルールを使用可能に
  • 使われていない Willcom.php, Emobile.php のファイルを削除
  • factory(), setImagePath() メソッドを廃止

Version 0.7 (2009/07/06)

  • factory() メソッドを getInstance() メソッドに変更
  • setImagePath() メソッドを setImageUrl() メソッドに変更
  • useHalfwidthKatakana() メソッドを追加
  • isMobile() メソッドを追加
  • docomo への変換で、< と > の記号は HTML エスケープするように変更
  • include_path が通っていないと SoftBank 2G 端末でエラーになっていたのを修正

Version 0.6 (2009/06/29)

  • 文字エンコーディングの変換時に、機種依存文字も変換されるように修正

Version 0.5 (2009/06/23)

  • au, SoftBank の絵文字を Shift_JIS → UTF-8 に変換するのに失敗する場合があったのを修正
  • include_path の通ったディレクトリにインストールしないと使えなかったのを修正

Version 0.4 (2009/06/21)

  • isSjisCarrier()、isUtf8Carrier() メソッドを追加

Version 0.3 (2009/06/17)

  • 絵文字を使えるイー・モバイルの端末は、docomo の携帯として扱うように変更
  • 将来の拡張用に、HTML_Emoji_Willcom, HTML_Emoji_Emobile クラスを作成
    (現在は HTML_Emoji_Docomo クラスを継承しているだけで、使っていません)
  • docomo → au への変換で、ウェブ用の変換ルールが混ざっていたのを、メール用の変換ルールを用いるよう統一
  • docomo → SoftBank への変換で、No.159, 160 の絵文字が半角になっていたのを全角に修正

Version 0.2 (2009/06/14)

  • SoftBank の Shift_JIS → UTF-8 の変換に対応
  • SoftBank の UTF-8 → Webコード の変換に対応
  • SoftBank の 2G 端末には Webコードを送出するように変更
  • PC 用の絵文字変換テーブルのフォーマットを変更
  • au の blankhalf, blankquarter の画像を、他の絵文字と同じ幅で表示していたのを修正

Version 0.1 (2009/06/10)

  • 初公開